離婚相談は足立区の夫婦問題相談室リセットへ。あなたに合った離婚の方法と進め方をサポートします。

夫婦問題カウンセラー夫婦問題相談室ゆかり
  • HOME
  • 事務所案内
夫婦問題相談フォーム

離婚相談

「離婚することは既に決定している」とお考えの方は、まず計画をしっかり立てることが重要です。一時の感情に任せ、突発的に離婚へと行動を起こすのは避けてください。離婚するには、たくさんの問題があります。
お子さんの精神面のフォローや、離婚後に住む場所など。人生を再出発するためには計画的に行動することが何よりも大切です。

離婚相談

離婚協議を進めるポイント

Point.1

妻から離婚を切り出されたとき

妻から離婚を切り出された場合、男性が注意しなければいけないのが「婚姻費用」です。妻が専業主婦、あるいは夫よりも収入が低い場合は夫は妻に対しての生活費を負担する義務があります。

Point.2

まずは冷静に話し合いを

もしも離婚を切り出されても、逆上せずにしっかりと話し合いを行ってください。すぐに冷静になれない場合は、日を置いても必ず機会を設けることが重要です。
例えば、妻が「離婚」を口に出すときは、夫の反応を伺っているだけの場合もあります。本当は引き留めて欲しい可能性も十分あるのです。

Point.3

離婚の際に出てくる問題

離婚が決定した場合、離婚にともない夫婦で取り決めを行う項目がいくつかあります。どれもすぐには解決しない大きな問題です。
・お子さんがいる場合は、親権と養育費について
・財産分与について
・慰謝料について

話し合いを行うにあたり、整えておきたい状況

1. 中立な立場である第三者、もしくは法律の専門家に同席してもらう
2. 話し合いで決めたい内容・要望を書き出し、その内容に沿った話をする
3. 話し合いは合意を得て、ボイスレコーダーやスマホなどで録音する
4. できるだけ二人きりでの話し合いは避ける。どうしても、の場合は人目のある所で
5. 決めた内容については必ずメモを取り、相手の署名を残す
6. 可能であれば、離婚協議書を作成してから離婚する

整えておきたい状況

ご注意
夫婦問題カウンセラーは、お悩みに対する気持ちの整理や精神的なサポートがメインとなります。離婚を決意されていて、親権や養育費、財産分与などの具体的な取り決めをされたい場合は、弁護士さんや行政書士さんなど、法律の専門家へご相談されることをお勧めいたします。

PageTop

  • 夫婦問題カウンセラー夫婦問題相談室リセット
  • 夫婦問題相談フォーム